« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月24日 (日)

今日の戦犯は・・・

第13節 VSジュビロ磐田(A) 1-2
久しぶりに負けた・・・


小川君にはあんなレベルの低いファールを犯して欲しくなかった・・・

試合中にどんなに事があったか分かりませんが、
あまりにも低レベルな反則・・・そしてイエロー2枚で退場。。。

結果、ゲームプランも変えざるを得なかっただろうし、現に直後に失点。
立て続けに2失点。


ところで、今日の巻君はだいぶ良かったのではないか?
ゴールを決めていればもっと良かったが。
その分、中盤での相変わらずのイージーミスがやはり目立った。
高い位置で奪われれば当然ピンチになるし、パスワークが乱れるとなかなか
リズムが作れない。。。

今のグランパスはこんな感じかな?


中断後の立て直しに期待しております。


小川君、今回は大いに反省してください。
そして、中断後の素晴らしいプレーを期待しております!!

| | コメント (2)

2009年5月16日 (土)

第11節&第12節・・・

第11節 VS ヴィッセル神戸(A) 2-2
第12節 VS 大宮アルディージャ(H) 1-1


負けなかったというか、勝てなかったというか・・・

選手層がそんなに厚くないのに、負けずに頑張っている とも言えるし、
全く自分たちのサッカーが出来てなく、勝ち切れてない とも言える。


少なくとも言えるのは、
第11節は 「津田君、ありがとう!!」だし、
第12節は「楢崎ナイスキーパー!!」と言うことでしょう。

また、両試合とも両サイドの攻撃・効果的なサイドチェンジが今までより少なくなっている事と、
小川・恵太・阿部・田中の両サイドにいる人間&ダヴィが目立たせてもらえない事。

完全に名古屋の持ち味を消されている・・・

それと、それと、   もっと言いたいのが、

イージーなミスパスがあまりにも多い!!


ある意味、自爆的な2試合だったのかも・・・


でも、そんな状態でも負けていない。
(多少は粘り強くなっているようにも感じる。)

評価出来るのか??

| | コメント (0)

2009年5月 7日 (木)

2つの試合

第9節 VS 京都パープルサンガ (A)
AFCチャンピオンズリーグ 第5戦 VS 蔚山現代

この2試合を見ての感想。


前のブログで、このような事を書きました。
「レギュラーメンバーと控えメンバーとのレベルの差がちょっと開いて来てるような感じ。」
謹んで訂正させて頂きます。

蔚山現代での「巻」選手は良い動きでした。
特に得点シーン。
相手の背後から、前に出てのヘディングシュート・・・すばらしい動きです。
また、4点目のポストプレー。
相手の足も止まっていましたが、体を張ってボールを落として・・・すばらしい!!
こういう動きを続けて欲しいものです。

また京都戦に先発出場しました「福島 新太」選手。
良い働きをしていたと思います。
若い選手も使いながら試合経験を積んで、かつ戦力にしていく・・・
良いことです。
選手層が決して厚いとは言えない名古屋ですので、とてもいい方法だと思います。

先発する選手はそれなりのクオリティを持って試合に臨んでいます。
私の見方がおかしかったです。スミマセン。

ただ、途中交代選手が劣勢を打開するという点ではまだまだだと思います。
相手に合わせてしまうのか・・・??
スペースに走る動き等が少ないと思いますので、この辺りは改善出来ましょう。


連戦の中、選手のやりくりをうまく出来ている感じがします。
~吉村・山口・中村~
この3人をうまく使い、うまく休ませていると思います。

この中盤の底は「名古屋のへそ」なので、ここをしっかりと考えていると感じますね。

また途中から「竹内」を投入し、3バックというパターンも定着しつつあります。
ここのところDFがしっかりとしてきている印象。

ただ、疲労が見え始めると前線と最終ラインの間がどうしても空いてしまう・・・
この点をうまく修正出来れば、よっぽどの事がない限り失点はなさそう。

セットプレー以外は・・・

今のところ、マギヌン・バヤリッツァの両外国人の穴を埋めております。

そして、期待の「玉田」選手が帰って来ました!!

これで、「ゴール量産体制」。


今年の名古屋は「たくましさ」を感じるのは私だけでしょうか??

| | コメント (0)

2009年5月 6日 (水)

またまた2つまとめて

第9節 VS 京都パープルサンガ (A) 1-0

AFCチャンピオンズリーグ 第5戦 VS 蔚山現代(H @瑞穂) 4-1

GW中の為、更新遅いです。

でもどっちも勝って良かった・・・


今日はこれだけにしておこう。
感想は後日。

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »