« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月28日 (水)

ワールドカップ決勝T(その2)

イタリア 1-0 オーストラリア
ウクライナ 0-0(PK3-0) スイス
ブラジル 3-0 ガーナ
フランス 3-1 スペイン

浮沈不沈艦隊が撃沈・・・まただめだったかスペイン。残念!
私が応援している国は全部負けていくなぁ・・・


次はポルトガルを応援しよっと!!

結果、次の戦いは

 ブラジルVSフランス 

ブラジルもフランスも徐々に調子を上げてきているようで、好試合を期待しております。

 ウクライナVSイタリア

1-0の決着か?シェフチェンコがカテナチオを崩せるか??・・・

                            これ結構疑問です・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

ワールドカップ決勝T

ドイツ 2-0 スウェーデン
アルゼンチン 2-1 メキシコ
イングランド 1-0 エクアドル
ポルトガル 1-0 オランダ
何、次はドイツVSアルゼンチンか・・・


ものすごい対戦が並んでいます。今年のW杯は順当に強い国が勝ちあがった結果だろう。
しかしポルトガルVSオランダの試合は凄かったけど、あんなにカードが出ていいものか・・・
何にしてもオランダが消えてしまった・・・しかもこの試合でイエローカード2枚で退場となってしまったデコが出られない。ポルトガルは次試合がヤマだろうか?次はイングランド戦です!

残りの試合も見所たっぷり!!
スペインVSフランス スイスVSウクライナ ついでにイタリアVSオーストラリア・・・
スペイン頑張れ!!!!!!!


ところで、時期日本監督がオシム氏になりそうだ。
オシム氏はかなり日本のサッカーを熟知していると思いますので、私としては大歓迎です。それより、ジーコの最後の話がちょっとむかついた・・・
「日本は戦う集団ではなかった」とか「プロ意識に欠ける」とか・・・
それではジーコさんあなたは何をされたんですか?このチームで??
「自由」という言葉でごまかしてはいないだろうか。
そんな言い訳をしてもらったら困ります。そんなこと分かり切っていて、じゃあどうしようかと考えるのが監督ではないだろうか?

私はあのインタビューで一気にジーコが大嫌いになりました。とても監督肌の人間とは思えません。もう日本には来ないでください。

まだいろいろ問題があったが、アルゼンチンの試合を大声で応援し、喜んでいるマラドーナの方が人間的に好きである・・・が、マラドーナが監督ってのも考え物だが。
前監督のトルシエの方が監督としては素晴らしかった。 ・・・と思います。


もう1つ気になる事。それはW杯のアジア枠。
今回アジアから決勝Tに行った国は0。
今アジア枠は4.5枠。
間違いなく1枠は減るだろう・・・
次回からはオーストラリアもアジアエリアで予選を行うのだが、かなり厳しい予選になりそう。

でも私はいつも思うのです。アジア枠が4.5って多くないですか?
本来ならアジア枠は2枠くらいでいいかと思うのです。世の中のバランスから言ったら・・・
(もっと厳しく言ったら1枠でもいいのかも。)

私の先輩は言います。

先輩 「アジア枠は減らすと日本が出場できる可能性が少なくなる。日本はW杯に出続けてながら強くならなければいけない。その為には枠は最低でも3枠は欲しい。」

私  「いや、日本は厳しいアジア枠を勝ち上がることで強くなるべき。だからアジア枠を2に減らすべき。アジアも勝てないのに世界に勝てるわけがない。」

先輩 「でもW杯に日本が出られなくなると、サッカー人気が下がって、Jリーグも盛り上がらないから余計にいい選手が出てこなくなるぞ・・・。」

私  「確かにそうだが・・・。でもだからといってヨーロッパ・南米その他では日本より強いのに出られない国がたくさんある。このままではW杯のレベルが低下してしまうという懸念も言われてることも事実ですし。」

先輩 「それもそうだが・・・・」


皆さんはどう思われますか?アジア枠は多い方がいい?少ない方がいい??

めざましどっち!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月23日 (金)

ワールドカップ ブラジル戦

F組 日本 VS ブラジル 1-4 終わりました・・・

今大会、一番目だったのはGK川口。ブラジル戦もいい反応でした。
中田(英)がピッチの中でずっと立ち上がれずにいたのが印象的です・・・

日本の課題が今大会浮き彫りになったかと思います。
①FWの得点不足・ストライカーの差
 世界のエースストライカーはいくら厳しいマークを受けても得点している。日本はその点普通のマークでも仕事が出来なかった・・・この差はかなり大きく感じます。またスペースを作る動き・FWの回りの動きを含め非常に得点感覚に乏しかった。それが勝てなかった大きな要因に思います。
(要するに得点のにおいがしないんです。)
②DFの弱さ
 今大会、非常に守りが悪く感じた。もう少し攻撃陣に対して寄せておかないといけない。またDFラインとMFの間に大きなスペースが出来すぎ。結果相手に自由にプレーさせすぎていた。これは今大会だけでなく、この代表チームになってからの課題だったように思います。スペースがあるから、相手はスピードに乗ってしまう。こうなってしますと後はファールで止めるしかない。何度となくそんなシーンを見た。
③その他いろいろ・・・
 要するに強くはないのです。戦い方を知らないのです・・・

私が思うに、ジーコの求めるサッカーは今の日本レベルではまだ早すぎると思うのです。技術的には日本はワールドクラスかもしれないが、相手がいてそのプレーが出来るか?というとかなり低レベルになると思います。それが出来てからジーコの求める「自由」なサッカーが出来るのだといます。
今回のワールドカップではそれらをものすごく感じました。

とにかく日本代表の選手の方々、現地まで応援に行かれましたサポーターの方々、お疲れ様でした。
また4年後、もう一回り強くなった日本代表を期待しております。


日本は負けてもまだワールドカップは続きます。
ワールドカップの本当のおもしろさはこれからです!!
あとはワールドクラスの戦いをゆっくり楽しもうと思います。

個人的にはスペイン・オランダに勝って欲しいのですが・・・

| | コメント (1) | トラックバック (6)

2006年6月21日 (水)

グランパス後半試合予定

久しぶりにグランパスの公式サイトにアクセスしたら、後半の日程が発表されてました。
以下の通り
13節 7月19日(水) サンフレッチェ広島  19:00  瑞穂陸上競技場
14節 7月22日(土) ガンバ大阪      19:00  万博記念競技場
15節 7月26日(水) 大宮アルディージャ  19:00 瑞穂陸上競技場
16節 7月30日(日) ジェフユナイテッド千葉  19:00  フクダ電子アリーナ
17節 8月12日(土) ヴァンフォーレ甲府  19:00  瑞穂陸上競技場
18節 8月19日(土) ジュビロ磐田  19:00  瑞穂陸上競技場
19節 8月23日(水) 川崎フロンターレ  19:00  等々力陸上競技場
20節 8月27日(日) ガンバ大阪  19:00  瑞穂陸上競技場
21節 8月30日(水) 鹿島アントラーズ  19:00  県立カシマサッカースタジアム
22節 9月9日(土) サンフレッチェ広島  18:00  広島ビッグアーチ
23節 9月16日(土) アルビレックス新潟  19:00  瑞穂陸上競技場
24節 9月23日(土・祝) 横浜F・マリノス  15:00  日産スタジアム
25節 9月30日(土) 大宮アルディージャ  19:00  さいたま市浦和駒場スタジアム
26節 10月7日(土) FC東京  14:00  瑞穂陸上競技場
27節 10月14日(土) 清水エスパルス  14:00  瑞穂陸上競技場
28節 10月21日(土) ヴァンフォーレ甲府  13:00  小瀬スポーツ公園陸上競技場
29節 10月28日(土) ジェフユナイテッド千葉  14:00  豊田スタジアム
30節 11月11日(土) 大分トリニータ  15:00  九州石油ドーム
31節 11月18日(土) 浦和レッズ  14:00  豊田スタジアム
32節 11月23日(木・祝) セレッソ大阪  15:00  大阪長居第2陸上競技場
33節 11月26日(日) アビスパ福岡  14:00  瑞穂陸上競技場
34節 12月2日(土) 京都パープルサンガ  14:00  西京極総合運動公園陸上競技場

9月9日(土)には今私がいる広島ビッグアーチでの試合がある・・・行きたいな!

ところで名古屋の運命はいつごろ決まっているのだろうか?
11月18日 レッズ戦にはもうどうかなっているのだろうか?
それともそのど真ん中にいるのだろうか??

 ※「どうかなっている」とはつまり降格が決まっているのかって事。
  「その」とはいわゆる残留争いの事    ・・・あぁ、聞きたくない言葉!
   
しかし名古屋補強決定の声が全く聞こえてこないが、このままでいいのか??

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月19日 (月)

ワールドカップ クロアチア戦

F組 日本 VS クロアチア 0-0 勝ち点1のみ!

非常に厳しくなった・・・
とメディアは騒いでいるが、オーストラリアに負けた時点で予選突破の目はなくなっているのだろうと私は思う。(多分みんなそう思っているのだが、言えないのだろう・・・)

この試合で印象に残ったことは・・・
川口が前回の失敗を見事に名誉挽回出来たということ。
 (しかしあういう横への反応と読みは川口君天下一品ですね!ホント!!)
中田(英)が試合後話していたミドルシュートを打ったこと。
 (今大会はものすごいミドルシュートが目立つ。ボールのせいか?)
稲本を後半開始から選手交代で入れたこと。
柳沢が見事にシュートをはずしたこと。
 (左足で合わせれば、ゴールだった?かな??と思う。決定的なチャンスでした!)
高原がシュートを打たなかったこと。
 (シュート打ったっけ?)
玉田が出たこと。
 (でも全く生かされてなかった!)

玉田じゃなく大黒を入れて、高原の交代で巻を入れたほうが良かったと思うのだが・・・

しかしレベルの高い試合を見ていると、日本はまだまだとつくづく感じます。
お隣の韓国の方が、よっぽどかいいサッカーをしています。
まだまだ日本がW杯に出てくるのは早かったのでは?
それとも出続けて、世界に揉まれた方がいいのか??・・・

最後(になるだろう)ブラジル戦で維持を見せてほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年6月13日 (火)

ワールドカップ オーストラリア戦

F組 日本 VS オーストラリア 1-3

相変わらず追加点が取れない、逃げ切れない・・・それがすべてだったのか?

私は思うんです。GK川口のいい所と悪い所がもろに出た試合だったように・・・
確かに追加点が取れなかった事はかなりの反省点ではあります。決定的なシーンもあまり作れなかったし、シュートを打っても枠に飛ばない・・・相変わらずの状態ですし。

しかしDF特にGKは100本のシュートを止めても、1本決められたらあかんのです。
特にあのロングスローについては、前に出たら必ず触らないといけない。川口の前に出るという姿勢が裏目に出た守備だったと思います。
あそこはじっと我慢。
なぜなら前で競っていた人間がいたし、混み合ってたし、時間も時間だったので、リスクを負わなくてもよかったかと。
あの同点弾から流れが変わったと思います。

また、ジーコの采配もちょっと考えもの・・・
逃げるのか、追加点を取りに行くのか・・・
そこでの小野の起用はどうだったのか??

私はあのコンディションでは、DF・MFがかなりしんどかったと感じるので、稲本・遠藤等を起用するべきだったと思うんです。
つまりDF強化の方向だったのではないかと・・・

終わってしまったことはしようがない。
でも次の試合(クロアチア戦)は必ず勝たなければならなくなった。
ブラジル戦は勝つ・・・???ほとんど無理だろう。
良くて引き分け。
ということは1勝1分1敗 勝ち点4 というところだろうか?
ブラジルが3勝すればまだ分からない・・・

いずれにしても厳しくなったことは事実です。


まぁ思うのは予選突破出来なくても、いいパフォーマンスを見せて欲しいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2006年6月 9日 (金)

ワールドカップ開幕です!

とうとうワールドカップです。
仕事が多忙&名古屋の試合がなかった為ブログの更新できませんでしたが、もしかしたらこれから更新するかも・・・

私の注目試合は
A組 ドイツ VS コスタリカ (開幕戦だから)
B組 イングランド VS スウェーデン
C組 アルゼンチン VS オランダ
D組 ポルトガル VS メキシコ
E組 イタリア VS チェコ・アメリカ
F組 全て
G組 フランス VS スイス・韓国
H組 スペイン VS ウクライナ

こんなところですか。

まぁ、サッカーの祭典を楽しもうじゃありませんか!!

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年6月 6日 (火)

もうすぐW杯

この担当地に来て、ものすごく忙しい日々を送っています。
気がつけばもう6月・・・
W杯の月であります。

昨日のW杯前の最終戦 マルタ戦 
いきなり我が名古屋・玉ちゃんの先制ゴール!!

しかし1-0で終わった・・・ これで本番に臨むのは不安だが、もう言ってもしようがない!

12日のオーストラリア戦に向けて調整して、出来れば勝ち点3をあげて欲しい。
そうすれば、次のクロアチアは勝ち点なしなので、必ず前がかりで日本に向かってくる・・・

そこに日本の勝機があるように思う。

これで勝ったら、勝ち点6。もうブラジル戦はどっちでもいい・・・・


というのが理想的展開ではないか?


まぁ、理想どおりには行かないものだが・・・

しばし、W杯を楽しもうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »