« FW古賀って・・・いいの? | トップページ | 第12節 磐田戦 »

2006年5月 6日 (土)

磐田戦

第12節 VS 磐田 (A) 15:00 @エコパ
スカパー生放送 CH306

最近すっかりTV観戦だけになってしまった管理人。子供がもう少し大きくなってくれたら、いやもう少し自由になる金と時間があればなどと考えてしまう・・・

それはそうと、前節FW古賀の起用法について。
ブロガーの皆さんの意見では、要はターゲットを前線に置くことによってフェルフォーセン監督のサッカーが生きるのではないかとの考えが多かったように思います。
でも今の名古屋のメンツで、ターゲットになりうるFWがいない。またあれはDFの古賀が前線で張った奇策だったから効果があったのかも知れないのではないかなどいろいろ考えます。

で、次節磐田戦で同じ戦術をするのか?しても効果があるのか?

フェルフォーセン監督は少なくとも名古屋のサッカーを初めからこのような形にするつもりはないと思います。緊急避難的というか試合をしていくうちに気がついたのかそれは分からないが。
もし、そうであれば最初からFWの補強時にポストプレーヤーの補強をしているはずだし、どう考えてもスピード勝負を考えていたのだと思うのです。
まぁ、チームというのは生き物のようなものかも知れない。戦術が機能するのであれば形にこだわることなくやっていくのも1つの方法だし、今はとにかく勝ち点3が取れればいい・・・

私個人的な考えとしては、DFがFWなんて・・・と思っている次第ですが。


そういえば名古屋のFWって昔から”当てる”ターゲット的なプレーヤーっていなかったなぁ・・・
(沢入ってそうだったか??)

横浜Fマリノスの久保・HSVの高原タイプのFWっていいかもよ!

|

« FW古賀って・・・いいの? | トップページ | 第12節 磐田戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89563/9917644

この記事へのトラックバック一覧です: 磐田戦:

« FW古賀って・・・いいの? | トップページ | 第12節 磐田戦 »