« 読書 | トップページ | 練習試合4 »

2006年2月16日 (木)

3-6-1ってどうよ!

日本代表3-6-1システムから撤退との記事(日刊スポーツ:紙面)がありました。
そもそも3-6-1というシステムって今の日本代表に合っているのだろうか?

私が思う3-6-1って言うのは、1人のFWに決定力・高さがあり、トップ下の2~3人のMFが自由に攻撃参加していく攻撃システムだと思うのです。1トップのFWは突破力も合わせて持っていないと生きてこないのでは・・・

またMFにかなりの「自由」な発想があり、攻撃参加するという形はジーコの考えるサッカーに近いのかも知れない。MFの人材が豊富な日本には向いているように思う。(一見)

でも、この形は(すべてにおいてそうのなだが)、攻撃を仕掛けたリスクも大きい。そのリカバリーについて「自由」の意思を持った人間のカバーリングが出来るのか?また前回の試合で負けたアメリカのようなチームに対して、がんがん攻めてくるチームにその「自由」さが通用するのか??
また、FWが(久保君がという意味ではないが)そこまで出来る人材であるかどうかも疑問です。突破力があり、ドリブルが出来、ポストも出来る・・・

私が思う日本代表にシステムというのは(前にも書いたと思うが)前監督のトルシエがやっていた方法(システムというか思想)が一番だと思っています。
日本人というのはどちらかというと「形」にはめたやり方の方がうまく機能すると感じています。それは日本の教育システムにあると思っているのですが・・・
その「形」にはめたシステムに一番合うのが3-5-2のような気がするのです。

しかし「形」にはめたシステムは「自由」意思を持った攻撃・想定外の攻撃には弱いとも思うのです。
それは2大会前のW杯アメリカ大会時のアルゼンチン戦を見たら明らかです。システムで守った日本に対して、個人能力のドリブルで攻め始めたアルゼンチンに日本は見る見るうちにDF崩壊し、失点、当然敗退・・・

どんなシステムでもいいが、基本的な「決まり事」をもっと徹底していかないと、日本代表は勝てないと思うのです。そのシステムがどうであれ。そのベースを持ち、そこから発展させるやり方をしていかないとなかなか勝ちきれないようにも思うのですが。

ジーコの求めるサッカーはまだ今の日本人にはちょっと早いのではないかと思うのです。私個人として・・・

|

« 読書 | トップページ | 練習試合4 »

コメント

 わたしも同じ思いでした。3-6-1ってどうよ。
 先日、NHKBSで過去のワールドカップをふり返る番組があり、70年のメキシコ大会のブラジル代表が紹介されていました。当時、ペレを中心に前線が自由に動いて攻撃したそうです。ジーコの自由ってこのようなイメージだと思うのですが、高度なことなので、日本人には無理なのだろうと思いました。

投稿: くろ | 2006年2月16日 (木) 19:11

>くろさん
どうもです。ジーコはブラジル人。ジーコが考えるサッカーというものが本当は本物だと思うのですが、何せ日本は歴史がない。日本人にはジーコが思い描くサッカーとは程遠いように思うのですよ。
ただどこかで誰かがここの部分にチャレンジしていかなければならないとは思うのですが・・・
コメントありがとうございました!!

投稿: kt_chan | 2006年2月16日 (木) 22:02

こんばんわ。システムについては人材に当てはめることも必要ですね。特に監督が自由に人をセレクトできる代表チームなら。
そういう意味では先に3-6-1が今の代表選手達にマッチしていたかは疑問ですね。
それと、体力面で個人技に頼ったサッカーでは「世界」に通用しない日本代表には、確かに「形」と言うか、特に守備面での綿密な約束事が必要でしょう。1対1では圧倒的に不利ですから。
ただ、攻撃は「形」だけでは単調になりますから、そこは守備戦術を意識した中で、「自由」と言うか、相手の裏をかくプレーも必要だと思います。
攻撃時には、リスクをどれだけ負うのかの選手の判断力と、選手間の信頼とバランスがポイントになるのでしょう。
今期のグランパスにも共通した課題だと思います。

投稿: グラKIDS | 2006年2月18日 (土) 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89563/8684618

この記事へのトラックバック一覧です: 3-6-1ってどうよ!:

» サッカーも頭が上がらないのか 国際親善試合 アメリカ戦 [くろグ]
 ワールドカップイヤーである。我が日本代表は1月29日から宮崎で合宿を行ってきた [続きを読む]

受信: 2006年2月16日 (木) 19:05

« 読書 | トップページ | 練習試合4 »