« やっと意地を見せました。 | トップページ | 残留決める東京V戦 »

2005年11月21日 (月)

大森君について

大森君の公式HPに「切れた」事について書いておりました。
公式HPより)
何が切れたって、結局皮膚が切れて、骨が見えてたんだって!
よかった、良かった、大した事なくて。靭帯切れたとかだったら、それは本当に大変だったし・・・

って、それでも大怪我やんか!

それはそうと、今回の試合で名古屋はまだ生きていると確信しました。みんなの気持ち・チームの方向性をみんなが理解すれば、G大阪戦のような試合が出来るだけの人材がいると実感しました。
(どうもピクシーも喝を入れたようですが・・・)
じゃあ各ポジションの指導・個人の指導・チーム全体の指導を的確に出来る監督(指導者)をフロントが呼べるかっていう問題になるが、どうなんだろうか?
ベンゲル監督はそういう意味ではすばらしい指導者であったが、その後そのような指導者を呼べてない事も事実。フロントも考えてはいる思うが、どうも今まではそれを出来ていないようです。
来期、そのような人材を呼べるように頑張ってください。お願いします!
名古屋のファンも熱いですよ!G大阪戦2万2千人も来てるんだから・・・ね!お願いします!!

まぁ、まず来期の話の前に今度の東京V戦です。
私の個人的見解では、結構相性悪い。(審判の悪態を含めて・・・)
 ■対東京ヴェルディ 12勝2分16敗 得点49 失点55
    (J1でのリーグ戦対戦のみ)
 ■前回 5○4 かろうじて勝利 
気を抜かないで、必ず勝ってくださいよ!で、残留完全決定です!!

しかしG大阪戦の審判ひどかったですね!
えっ、家本?
最悪や!それは!!
いつまで主審やってるんやろか??奴は!

|

« やっと意地を見せました。 | トップページ | 残留決める東京V戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89563/7252064

この記事へのトラックバック一覧です: 大森君について:

« やっと意地を見せました。 | トップページ | 残留決める東京V戦 »