« M1。明日タイガース優勝! | トップページ | 今日は広島戦 »

2005年9月29日 (木)

グランパスと阪神を比べると

監督の交代から結束集団となった(ように見えるが)阪神タイガースと、いつまでたっても変わらないグランパスと何が違うんだろう?
阪神は数年前までは間違いなくプロ野球界のお荷物的チームだったと思います。しかしここ数年で見違えるほどすばらしいチームになりました。競技が違うかもしれませんが同じ団体競技であることには間違いありません。

まず、「意識」が違うのだと思います。「勝つ」ということにこだわっている。それは監督・選手だけでなく、やはりフロントも共通の意識を持っているように感じます。その為にはどうするかを真剣に考え、どのような補強をし、打順・守備を考え、投手ローテーション・リリーフを考え、勝ちパターンにはめていく・・・それがハマった時の阪神の強い事、強い事!そうしていく事によってそれぞれに「信頼感」が生まれるのだと感じます。選手=監督・コーチ間、監督=フロント間などなど。

今、名古屋グランパスエイトに欠けているのは何でしょうか?もしかしたら、星野監督のような「リーダーシップ」を持った指導者なのかもしれない。「俺にまかせろ!!」といわんばかりの威勢のいい人間。で、フロントに口を出させない程の人材。その人間を呼ぶのはフロントだけど、フロントもそれぐらいの覚悟を持って監督の人選をしなければならないのでは?どうもそこがあまりにもないと感じるのです。「アカンかったら次の監督を呼べばいい」なんて感覚ではもう通用しないと思うのです。

フロントは自分達が呼んだ監督をもっと信頼し、心中するくらいの覚悟がないとみんながついていけなくなるんじゃないかな?

もうすぐ阪神優勝です。阪神が優勝すると「グランパスはいつリーグ優勝するのかな」と考えてしまうのです。
こんなのって私だけでしょうか??

でも本当にすばらしいのは、どんな順位でも腐らずにずっと応援してきた阪神ファンなんだろう。我々グランパスサポーターも見習わないといけないよね!!

|

« M1。明日タイガース優勝! | トップページ | 今日は広島戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89563/6171862

この記事へのトラックバック一覧です: グランパスと阪神を比べると:

« M1。明日タイガース優勝! | トップページ | 今日は広島戦 »