« 引き分けって・・・ | トップページ | 郵政民営化ならず »

2005年8月 8日 (月)

東アジア選手権に思う

東アジア選手権 VS 韓国 1-0 結果2位
かろうじて面目を保ちました。中沢ナイスゴールです。まぁ1勝したからいいか・・・ではないのです。
やはり、日本はアジアチャンピオン。アジアでの試合はやはり「強さ」を示さなければならないと思います。それが最低ラインだと思うのです。なぜならワールドカップで勝たなければいけないから・・・
日本のサッカーを見ていて思うこと、それは攻撃の遅さ。(コレはわがグランパスにも思うのですが。)人数の少ない時に攻撃を仕掛け、ゴール前までボールを早く運ぶ事が得点の早道だと思うのです。アジアの国相手では確かに相手が引いているので、なかなか早い攻撃は出来ないかも知れないが、出来るチャンスがあってもそれをやっていない。そこが大きな問題だと思います。もっとレベルの高い相手からはどうやって点を取るのでしょう??
ヨーロッパ・南米のチームは攻撃を仕掛けてくるから確かにDFの人数は少ないかもしれない。でも相手DFはレベルが高い。毎回1対1もしくは1対2で勝負して、抜いて、チャンスメイクできるのだろうか??無理だと思う。だったら早い攻撃の意識を持たなければいけないのではないか?とそう感じるのです。
試合を見ていてイライラしませんか?韓国・中国・北朝鮮の攻撃の方が怖いと思いませんか??私は日本の攻撃より彼らの方が数段怖く感じました。技術的にもさほど差を感じませんでしたし・・・
もっと早くボールを動かす意識・ゴール前にDFが戻る前にボールを運ぶ意識・人がいないスペースに展開する意識・これらをもっと持ったら日本サッカー(および名古屋グランパスエイトのサッカー)は面白くなるし、強力なサッカーが出来ると思うのですが・・・
だって相手の人数が少ない方が点取り易いですよね!!

|

« 引き分けって・・・ | トップページ | 郵政民営化ならず »

コメント

数日前にブログを始めたばかりで勉強中です。これからも参考にさせて頂きます!頑張って下さいね。

投稿: sayaka | 2005年8月10日 (水) 16:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89563/5362020

この記事へのトラックバック一覧です: 東アジア選手権に思う:

« 引き分けって・・・ | トップページ | 郵政民営化ならず »